スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『HEAD:グラフィンラジカル用フルカバーグロメット』




正式には「プロプレーヤー・キャップ」といいますが発売時
には話題になりラジカルもプレステージのようなフルキップ
グロメットに出来る!ということで交換された方も多いと思
います。元から装着されていたグロメットとは交換後に大幅
にラケットスペックが変わるので要注意!

ウェイトでナント15gアップ、バランスポイントで7mm
のトップよりのバランスになるわけです。ラケットを買い替
える時を思い出すとここまで一気に重いラケットに変更する
ケースは殆どないと思います。(バランスポイント)

ラジカルMPの場合のノーマルからフルキャップグロメット
に交換した場合のスペック数値は以下です。

■ウェイト295g→310g
■バランス315mm→322mm

競技モデルの基準となる数値が

■ウェイト300g
■バランス320mm

通常はウェイトが300gに対して重くなるとバランス
ポイントは320mmを下回るセッテイングが理想です。
310gで発売されているラケットのバランスは310
~315mmが適正とされ発売されているわけです。
ですからグラフィンMPの310gで322mmはかな
りのトップヘビーとなるのです。しかも295g315
ミリ(相関から考えればトップライトのセッテイング)
からの変更となるとかなり厳しいセッテイングに変わる
のです。見た目や空気抵抗が減るなどという理由で交換
すると使えないラケットになってしまう可能性「大」に
なりますのでしっかりとした知識とテニス技術に精通し
た専門家にアドバイスをえることが重要です。

※今回、交換時に計測したところ差は14gでした~
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

MASTER KEI

Author:MASTER KEI
ショップ経営&コーチをしていま
す。社会人サークル・学校テニス
部などをメインに指導させて頂い
ており、江東区テニス連盟の事務
局として広報のお手伝いもしてい
ます。多くのの方がテニスを通じ
て人生が楽しくなればうれしい限
りです。日々思ったこと・感じた
ことを書き続けていきますので宜
しくお願いいたします!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。